- 絶頂ピストンメソッドと北条麻妃が教える膣開発法

絶頂ピストンメソッドをレビュー その4 「Gスポットでオーガズムに導くピストンテクニック③」

2015y02m04d_123759401.jpg
第3章で紹介される最後の体位は〇□×という体位。
これもごくメジャーな体位ですね。
女性が自分の気持ちよいように角度を調整できるので、イキやすい体位。
動くのは×●に任せると思っている人が多いかもしれないが、
△△が×△●するやり方を紹介。

1男性が×□〇に
2女性に××□□●●×を□□△もらいペニスを根元まで挿入
3女性の〇△を××で●●
4女性に△△×□〇ってもらう
5●△を××に動かす

亀頭からペニスの中ほどまででGスポット付近を刺激するようにするのだそうです。
もし位置がずれていても女性が体の角度を変える事である程度調整ができる。
この方法は、この体位になれていない女性に動き方を教えられるメリットもある。

2015y02m04d_123817013.jpg

体位自体は珍しいものではないのですが、私の知っているイメージとは
全然違うやり方だと思いました。
5の「××に動かす」というのが意外。普通はその方向とは90度逆に
動かすと思います。
しかしGスポットを刺激する事を考えると確かにこの動かし方の方が良さそう。
セックスだけに限った事ではないですが、やっぱり「こうやるもの」という
固定観念にとらわれてしまいがちですよね。

この後実演パートがあるのですが、実演があるのは何故か2つだけで
今回紹介した体位はありませんでした。

>>伏字になっている部分を知りたい方はこちらを




タグキーワード
  • No Tag
2015.03.01|コメント(0)トラックバック(-)Edit

絶頂ピストンメソッドをレビュー その4 「Gスポットでオーガズムに導くピストンテクニック②」

2015y01m29d_180500440.jpg

2番目の体位は×〇●□△という体位。
これはあまり聞いた事の無い体位。
□□□□で脚を伸ばした状態から△〇〇で挿入するので「●〇×△」とも呼ばれる体位。
この体位はGスポットへの刺激をしやすいとの事。
□△●●〇×を×××や□□に××□□△けると、ちょうどGスポットに当たるのだそうです。

具体的なやり方は
①□□□□の状態で軽く脚を開いてもらう
②女性の×にピッタリと×〇〇××□
③□□〇に手を添えて、女性の×〇の□×から挿入
④□□〇の■の部分を〇×●●△△にこすり付けるようにしてピストン



そして、以下のような点がポイントだそうです。
・××が〇〇×△△□□の××□□〇のような体勢になると、女性を■■××●ことなく
 ピストン出来る。
・腰を×〇に×□というより、腰を●●に■■××ようなイメージで〇■〇と良い。
 こうすると丁度良いストロークになって、Gスポットへの刺激を続けられる。
・女性が●を□□〇と××□体位なので、この方がイキやすいという女性もいる。
 そういう女性にとっては特に効果的な体位。
2015y01m29d_180443292.jpg
最初のポイントは膣内オーガズムに関係なくこの体位でする時には
重要なポイントだと思います。そうじゃないと女性は■■×てしまって
苦しいかもしれない。
2番目のポイントは、Gスポットを刺激するために重要なポイントっぽいと
思いました。普通はピストンてこういう風にはしないので。
3番目のポイントは、いわゆる「□〇×体位」というヤツでしょうか。
女性をイカせられる□〇×体位って結構聞きます。それがこれなのかな。
>>伏字部分を知りたいならこちら


タグキーワード
  • No Tag
2015.01.29|コメント(0)トラックバック(-)Edit

絶頂ピストンメソッドをレビュー その3 「Gスポットでオーガズムに導くピストンテクニック①」

2015y01m15d_181635646.jpg
いよいよこの「絶頂ピストンメソッド」の核心部分、オーガズムへ導く
ピストンのテクニックです。

2つのポイント


まずこのピストンテクニックには2つのポイントがあります。

・〇△□が〇〇〇〇に□□っている状態で△×を□□△△××ように動かす。

・スピードは〇□△××よりも□□×××□△の方が膣内オーガズムに達しやすい。


一つ目はまあ当然として、2つ目はちょっと意外な感じもします。
でも実は2つ目についてはこのページに書いてあるのですが。


オーガズムへと導く体位は3つ


核心部分だけあって内容も多くて説明も細かい。今回はその内1つだけレビュー。
他2つは次回の記事で。
一つ目の体位は□△〇です。
そんなに変わった体位ではありません。ですが実は普通にやるとGスポットに当たり難く、
女性がイキにくい体位なんだそうです。
でもちょっと工夫をするとGスポットを刺激できる。
その工夫とは、なんと〇□△〇×だけ

具体的なやり方は
①女性に□□□になってもらって□△△□してもらう
②女性の〇□の間に、〇□を△△△□□
③手を□〇〇に添えて、■〇挿入
④〇■●△△×××して、■〇が△△△△に当たるようにする
⑤■〇を△△△△付近に〇■××ようにして、〇〇□ピストン
 □×〇に腰を振る事で、常に■〇に△△△△△が□□×状態に。
 →□〇×△△刺激する事で膣内オーガズムに。腰のふり幅は〇□△■を意識


③の「手を□〇〇に添えて、■〇挿入」にまず感心。
手を添えるというのがポイントでしょうか。
何となく「女性をイカせる」というイメージとは違う感じの
挿入の仕方だと感じました。
でもあくまで大事なのは次の④にあるように
「■〇が△△△△に当たるようにする」事なのでこうする必要があるのでしょう。
この時の「〇■●△△×××して」というのもそのためですね。
言われてみれば実に理にかなっているのですが、なかなかこんな風にやる人は
いないでしょう。

>>伏字の内容が知りたい方はこちら



タグキーワード
  • No Tag
2015.01.15|コメント(0)トラックバック(-)Edit

絶頂ピストンメソッドを本当にレビュー(ネタバレ寸前) その2「5つのステップ」


第1章の「Gスポットの攻め方」に続いて、第2章は
「膣内オーガズムを成功させる5つのステップ」です。
上の画像にもあるように、ピストンのやり方や効果的な体位といったこの
「絶頂ピストンメソッド」の核心の部分は第3章で解説されます。
第2章はセックスをする時の全体の流れについての解説です。
2015y01m14d_114426509.jpg


5つのステップは以下の様になっています。

・ステップ1 セックスを始める前
〇〇〇や××をしてたっぷりと〇△□×●をしておく。
(女性の緊張を解くのが目的。
特に知り合ってから日が浅い場合は●△〇の前に女性が●●■△。

・ステップ2 〇■△×
一度優しく×△。そして●■、×、△、△●、△□などを順番に×■。
しばらく×△□■●〇を続けると、女性の×●□が△△×。
そうなったら〇□△×●■。
焦らずにゆっくりと□△□□。きちんと丁寧に●〇〇と印象が良い。

・ステップ3 〇〇△△□〇の●〇
あまり強い刺激はこの段階では与えない。一種のじらし。
●●●を△でなぞったり、□●を□で□△たりする。
膣内オーガズムを与えるのが目的なので、●△□××〇には出来るだけ触れない。
女性が我慢できなくなって〇〇□××きたり、××●〇ような動作をしたら
次のステップへ。

・ステップ4 〇〇□△への刺激
これをやっておく事で、膣内オーガズムに達する確率がぐっと高まる。
女性の〇□××や××□の□□□に意識を向け、変化があったら〇〇そうな×〇〇〇かも。
〇〇□□××△を感じたら、××〇〇□□が近い。
→こうなったら次のステップへ。

・ステップ5 〇××□で膣内オーガズムへ
×〇から〇分間ほどは〇〇□□でいる事で〇□□△△××でくる。
そのあと〇××□へ。
女性が初めて〇〇××□を感じそうになった時は、〇〇〇〇□□ような動作を
してしまう事がある。
もしこのような動作があったら、〇□□□××××△△△〇。

>>より詳細に内容を知りたい方はこちら


意外だったのは、行為をする前からステップが始まっている事。
てっきり、行為が始まってからの話なのだと思っていました。
あと意外に感じたのはステップ2の「きちんと丁寧に●〇〇と印象が良い。」という事。
している時ってそんな事気にしていないと思っていたのですが、そういうわけでも
ないみたいです。
こういう心理的な部分も膣内オーガズムの成否に関わってくるんですね。

ステップ3と4は、どんな反応があったら次のステップに進めば良いのか、その見極め
ポイントが「なるほど」という感じでした。
最後のステップ5は「×〇から〇分間ほどは〇〇□□でいる事で〇□□△△××でくる。」という
ところが全くの予想外。
普通はこんな事しないと思います。でも、これをやったからって場の空気が冷めるとか
そういう心配はいらないでしょう。
むしろ相手からは喜ばれるかも。これはぜひやるべきでしょう。
>>内容を見たい方はこちら
タグキーワード
  • No Tag
2015.01.14|コメント(0)トラックバック(-)Edit

絶頂ピストンメソッドを本当にレビュー(ネタバレ寸前) その1「Gスポットの攻め方」

絶頂ピストンメソッドを実際に買ってみての本当のレビューです。

動画の最初の数分は導入部という感じ。
動画の一部の実際の画像です↓
2015y01m12d_125749954.jpg
ここについては特筆すべきものはありません。
このページに書いてある文章と同じような感じで、特別詳細な解説があるわけではないです。

短い導入部分が終わると本編へ。
このページの後半の方、「その内容の一部を紹介していくと、、、、」というくだりの辺りに
書いてある通りの順番になっています。
第1章は「Gスポットの攻め方」です。
2015y01m12d_130953473.jpg

この攻め方を使わずに普通に挿入してピストンをすると、女性がオーガズムに達するのに
なんと〇〇分もかかってしまうとの事。
余程の遅漏でもない限りこんな長くピストンし続けるのは無理だと思いました。
でもこのGスポットの攻め方を使って正しく攻めると、なんと〇分以下にまで短縮出来るとの事。
劇的に短縮されますね。

そして具体的な責め方の解説。
△△△で攻めるとの事。
この△△△で攻めるという事自体は特別変わった事ではないのですが、どう攻めるのかの
具体的な解説があり、これを見て「なるほど」と感心させられました。

まず△△△は小さ目の方が良いとの事。ちょっと意外?
そして攻め方を9段階で解説。

①女性に□□□になってもらって□△△□してもらう
②△△△に●●●●●を付ける
③△△△を膣内に挿入
④人差し指に●●●●●を付ける
⑤指の□を下向きにして、△△△の下側から指を〇△□□に入れる
⑥□■を180度回転させて、指の腹で□●●△に△△△を当てる
⑦△△△の××××を入れる
⑧反対の手で△△△の×〇×〇を軽く□×□×●〇、位置を調整しながら
感じる位置を探る
⑨女性の反応の良い場所が見つかったら、□□●×△△を動かさずに△△△を
△×続ける


>>より詳細な内容が見たい方はこちら

ちなみに解説時の画像は、大人のおもちゃをアレに見立ててやってました。
先ほども書きましたが△△△で攻めるという事自体は特別変わった事ではないものの、
この詳細な解説を見て、本当に「なるほどな」と感心しました。
見ただけでそう思ってしまいます。

この後捕捉説明的なものがありました。内容は以下のような感じ

・Gスポットは膣の浅い所にあるので、△△△を〇で□□●×しないように注意。
・Gスポットの位置は、〇を〇×××□して□□××〇〇位置だが、
男の手が大きかったり、彼女が△な場合はもう少し△×位置になる。
・〇〇△××でここがGスポットだと気がつくのは難しい。なので最初に●●×が
当たっている位置を××〇〇△しながら□〇する。


先ほどの9段階の解説にしてもこの補足説明にしても、「Gスポットの位置」が重要なようです。
確かに目に見えて分かるものではありませんから、ここが何も知らないと難しいポイント
なんでしょう。

この後に実演映像がありました。
先ほどの9段階を実際に女性にやって見せている映像。
これで実際に女性がどんな反応をするのか見られます。
いきなりこれだけ見せられたら単なるAVかと思いそう。
△△△で攻めるというシチュエーションが好きな人なら、単純に見て興奮できそうですね。
>>見たい人はこちら
タグキーワード
  • No Tag
2015.01.12|コメント(0)トラックバック(-)Edit
Copyright © 絶頂ピストンメソッドと北条麻妃が教える膣開発法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

◆ アロマ情報 トップアロマ ◆
SEOアクセスアップ相互リンク集
相互リンク募集の猫
赤ちゃんの命名・改名・相性占い・姓名判断はメール鑑定の天使の占い
SEO相互リンク集14
7Links! Directory | 自動登録型相互リンク集
すぐ反映、自動登録リンク集
自動リンクb-platz
楽相互リンク
検索エンジンActionSEO
ブログランキング
アダルトチャット
犬の躾け玉川岩盤浴スーパーマット、★被リンクイオンカード