絶頂ピストンメソッドを本当にレビュー(ネタバレ寸前) その1「Gスポットの攻め方」 - 絶頂ピストンメソッドと北条麻妃が教える膣開発法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

絶頂ピストンメソッドを本当にレビュー(ネタバレ寸前) その1「Gスポットの攻め方」

絶頂ピストンメソッドを実際に買ってみての本当のレビューです。

動画の最初の数分は導入部という感じ。
動画の一部の実際の画像です↓
2015y01m12d_125749954.jpg
ここについては特筆すべきものはありません。
このページに書いてある文章と同じような感じで、特別詳細な解説があるわけではないです。

短い導入部分が終わると本編へ。
このページの後半の方、「その内容の一部を紹介していくと、、、、」というくだりの辺りに
書いてある通りの順番になっています。
第1章は「Gスポットの攻め方」です。
2015y01m12d_130953473.jpg

この攻め方を使わずに普通に挿入してピストンをすると、女性がオーガズムに達するのに
なんと〇〇分もかかってしまうとの事。
余程の遅漏でもない限りこんな長くピストンし続けるのは無理だと思いました。
でもこのGスポットの攻め方を使って正しく攻めると、なんと〇分以下にまで短縮出来るとの事。
劇的に短縮されますね。

そして具体的な責め方の解説。
△△△で攻めるとの事。
この△△△で攻めるという事自体は特別変わった事ではないのですが、どう攻めるのかの
具体的な解説があり、これを見て「なるほど」と感心させられました。

まず△△△は小さ目の方が良いとの事。ちょっと意外?
そして攻め方を9段階で解説。

①女性に□□□になってもらって□△△□してもらう
②△△△に●●●●●を付ける
③△△△を膣内に挿入
④人差し指に●●●●●を付ける
⑤指の□を下向きにして、△△△の下側から指を〇△□□に入れる
⑥□■を180度回転させて、指の腹で□●●△に△△△を当てる
⑦△△△の××××を入れる
⑧反対の手で△△△の×〇×〇を軽く□×□×●〇、位置を調整しながら
感じる位置を探る
⑨女性の反応の良い場所が見つかったら、□□●×△△を動かさずに△△△を
△×続ける


>>より詳細な内容が見たい方はこちら

ちなみに解説時の画像は、大人のおもちゃをアレに見立ててやってました。
先ほども書きましたが△△△で攻めるという事自体は特別変わった事ではないものの、
この詳細な解説を見て、本当に「なるほどな」と感心しました。
見ただけでそう思ってしまいます。

この後捕捉説明的なものがありました。内容は以下のような感じ

・Gスポットは膣の浅い所にあるので、△△△を〇で□□●×しないように注意。
・Gスポットの位置は、〇を〇×××□して□□××〇〇位置だが、
男の手が大きかったり、彼女が△な場合はもう少し△×位置になる。
・〇〇△××でここがGスポットだと気がつくのは難しい。なので最初に●●×が
当たっている位置を××〇〇△しながら□〇する。


先ほどの9段階の解説にしてもこの補足説明にしても、「Gスポットの位置」が重要なようです。
確かに目に見えて分かるものではありませんから、ここが何も知らないと難しいポイント
なんでしょう。

この後に実演映像がありました。
先ほどの9段階を実際に女性にやって見せている映像。
これで実際に女性がどんな反応をするのか見られます。
いきなりこれだけ見せられたら単なるAVかと思いそう。
△△△で攻めるというシチュエーションが好きな人なら、単純に見て興奮できそうですね。
>>見たい人はこちら
スポンサーサイト

タグキーワード
  • No Tag
2015.01.12|コメント(0)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

Copyright © 絶頂ピストンメソッドと北条麻妃が教える膣開発法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

◆ アロマ情報 トップアロマ ◆
SEOアクセスアップ相互リンク集
相互リンク募集の猫
赤ちゃんの命名・改名・相性占い・姓名判断はメール鑑定の天使の占い
SEO相互リンク集14
7Links! Directory | 自動登録型相互リンク集
すぐ反映、自動登録リンク集
自動リンクb-platz
楽相互リンク
検索エンジンActionSEO
ブログランキング
アダルトチャット
犬の躾け玉川岩盤浴スーパーマット、★被リンクイオンカード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。